自己免疫力を使った治療|免疫療法で副作用を抑える治療

病院

各種治療とあわせて使える

医者

第四番目のがん治療法

免疫療法はがん治療における第四の方法と位置づけられています。従来のがん治療の三本柱の第一は外科手術によってがん組織を取り除くという方法です。外科手術を行った後で万が一取り残したがん細胞があったときのために、免疫療法をあわせて行うという方法もあります。第二の治療法は抗がん剤治療です。抗がん剤はがん細胞のみならず正常な細胞にもダメージを与えるというデメリットがあります。このデメリットがあまりにも大きいため、免疫療法は副作用のない治療法として考案されました。第三の治療法は放射線を照射する治療法です。がんの種類によっては非常に大きな効果が期待できます。ただしあちこちに細かく飛び散ったがん細胞がある場合には対処できないという弱点があります。免疫療法は放射線治療とも併用できるので、この弱点をカバーすることができます。

負担の少ない治療法

がんのステージが進行するにつれ、体力的にも手術は難しくなる場合があります。しかし末期がんと診断されてからでも免疫療法の効果が現れるケースはあります。効果に個人差があることは事実ですが、幸い免疫療法には副作用というデメリットがなく、患者の身体にかける負担もほとんどありません。免疫療法に使う細胞を取り出すため血液を採取するのに時間がかかることがありますが、方法を工夫してなるべく短い時間で免疫療法用の血液を採取できるようにしている病院も出てきています。免疫療法に使われる細胞には樹状細胞、T細胞、NK細胞、NKT細胞など複数の種類があります。病院によってどの細胞を使って免疫療法を行うかが異なるので、もし特定の免疫細胞による治療を希望する場合は、病院に問い合わせてみるとよいでしょう。

動脈硬化の治療

看護師

動脈硬化は、動脈が悪い方向へ変化することで起きます。それは、動脈内のLDLというコレステロールとあるタンパク質が結合した物質などが増える高脂血症によって、血管内に不純物が付着することでおきます。高脂血症の症状は、稀にしかあらわれませんので、血液検査によってわかるのがほとんどです。

もっと詳しく

めまいと耳の聞こえの問題

観葉植物

メニエール病は、耳の内耳と呼ばれる部分にリンパが増えることによって引き起こされる病気です。主な治療法は服薬ですが、症状が強く現れる発作が起きるたびに病状が悪化していくので、この発作の回数を抑えることが大切です。それにはストレスを溜めないことがカギとなります。

もっと詳しく

早めの対処が大事

女性

脳梗塞の治療開始のリミットは3時間。サインを見かけたらすぐに救急車で病院へいき治療をうける。3時間が経過していなければ、多くの場合後遺症のリスクを軽減できる。いかにサインを早く見つけるかが大切なため少しでも不可解なことがあれば病院の受診をおすすめする。

もっと詳しく