自己免疫力を使った治療|免疫療法で副作用を抑える治療

病院

めまいと耳の聞こえの問題

観葉植物

どんな治し方があるか

メニエール病は、耳の中でも内耳と呼ばれるエリアに、リンパが増えることによって引き起こされる病気です。この、リンパが増えて水ぶくれになった状態のことをリンパ水腫といいます。メニエール病の主な症状は耳の聞こえが悪くなることと、めまい、耳鳴りが挙げられます。これらの症状が強く現れる発作を繰り返しながら、そのたびに耳の聞こえが悪くなってゆくことが特徴です。ですから、この発作の回数をなるべく少なく抑えるように生活してゆくことが、メニエール病でもっとも注意すべき点だと言えます。治療は症状を抑える服薬が中心ですが、病気の原因にはストレス・睡眠不足・疲労が深く関係していると考えられており、なるべくこれらの要素を取り除くことが大切です。迂遠とも言える治療法ですが、急げば廻れの精神で、出来る限りゆっくりとリラックスした状態を保つことが、結局は病気の進行を食い止める力となります。

効果がある理由

メニエール病は一度罹ってしまうと完治させることが難しく、発症後は病状の進行を抑えることが治療の主軸になってゆきます。ですからまずは気長に構えて焦らないスタンスが大切です。ゆったりと構えると、確実に発作の回数を減らすことができます。患者さんに聞くと、発作は疲れが溜まっていた時とか、心配事があって眠れなかったという時期と重なっていることが多いようです。やはりストレスフリーな環境を整えることが、発作を抑えることに最も効果のある治療法と言えるようです。患者さんが精神的に辛いと訴えた場合、時に医師から抗不安薬が処方されることもあります。これはいかにこの病気に不安感が良くないのかを物語っていると言えるでしょう。焦らないこと・思い悩まないこと・辛さを我慢してストレスを溜めないこと・よく眠ること、この四つのことを守り、病気と上手にお付き合いしてゆくことが病気の進行から患者さんをしっかりと守るのです。